いちご鼻とは何?どうしてできるの?フェイシャルケアのプロが徹底解説!

いちご鼻とは「古い角質」と「皮脂汚れ」の毛穴詰まり

自分の鼻周りを触ったと時にあるザラザラしたもの、鏡で自分の顔をよく見ると、鼻の頭や小鼻の周りに黒や白いツブツブが無数にありませんか?

それは毛穴に溜まった黒ずみ。
まるで「いちごのツブツブ」のように見えるために「いちご鼻」と呼ばれています。

いちご鼻とは古い角質と鼻から分泌された皮脂が毛穴に詰まって角栓になったものですが、なぜ毎日洗顔をしても毛穴が詰まってしまうのでしょうか。ここではフェイシャルケアのプロがいちご鼻について徹底解説します。

いちご鼻とは毛穴に詰まった「いちごのツブツブ」のような角栓

いちご鼻とは鼻の毛穴に詰まった「古い角質」や洗顔で落としきれなかった「皮脂汚れ」が、まるでいちごのツブツブのように見えることから、そう呼ばれています。

顔を触った時にあるこのザラザラを感じると憂鬱になる男性はとても多く、いちご鼻は来店されるお客様のお悩み上位にランクインするほど。いちご鼻さえ治ればもっと気持ちよく過ごせるのに、自分に自信が持てるのに…、と悩み続けている男性は少なくありません。

どうしたらいちご鼻が治るのか、いちご鼻ができてしまう要因、正しい洗顔方法などを詳しく紹介します。ぜひ参考になさってみてくださいね。

いちご鼻ができる主な原因とは

いちご鼻ができてしまう主な原因は、

・毛穴に詰まった汚れを落としきれていない

・丁寧な洗顔ができていない

・生活習慣、ホルモンバランスの乱れ

・大量の紫外線を浴びている

・産毛がたくさんある

・肌の乾燥…などが挙げられます。

忙しい男性なら付き合いの飲み会や、残業などで帰宅が遅くなれば、どうしてもスキンケアはおろそかになりがちですよね。
顔を洗わずに寝てしまったり、休日は一度も顔を洗わなかったり…思い当たることはありませんか。

充分な睡眠時間を確保できなかったり、食事はコンビニ弁当で済ましてしまうという不規則な生活を続けていると、皮膚から過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

本来皮脂は適度に分泌されれば、肌を保護してくれる天然クリームの役目をしてくれますが、過剰に分泌されると毛穴に古い角質が溜まり、皮脂の出口が塞がれて毛穴が詰まってしまいます。

その結果、詰まった毛穴が黒や白のツブツブに見える、いわゆる「いちご鼻」が完成してしまうのです。

男性はいちご鼻になりやすい!?男性にいちご鼻が多い原因とは

いちご鼻とは毛穴に詰まった古い角質と皮脂が白や黒のプツプツに見える状態を言います。

いちご鼻でお悩みの男性で「あれ?毛穴にブツブツがある…!」と気になりだしたのは、おそらく12歳~18歳くらいという方が多いと思います。
それはいちご鼻になってしまう条件が複数重なってしまう年代だから。

思春期はホルモンバランスの乱れ、体の成長など、受験などのストレスでお肌の状態がアンバランスになりがちですよね。

いちご鼻ができてしまう一番の原因は肌の乾燥と過剰な皮脂分泌。思春期の男性は特に皮脂分泌が盛んです。どんなに顔を洗ってもすぐに皮脂でテカりが気になってしまう…。だからと言って一日に何度も顔を洗うとますます肌が乾燥して、テカっているのに肌はカサカサになってしまったという経験をお持ちの方は多いはず。

皮膚が乾燥すると肌からはこれ以上水分を逃さないようにするため、皮脂がどんどん分泌されます。肌がカサカサなのに脂でテカリやベタつきがあるのはインナードライと言われ、一見脂っぽい肌に見えますが、実は角質内は水分不足でカサカサな状態なのです。

毛穴に皮脂や汚れが溜まってしまうメカニズムとは?

鼻の毛穴に詰まった「ツブツブ」の角栓は、古い角質と皮脂汚れが毛穴の中で固まったものです。角栓になってしまうと通常の洗顔では落としにくく、毛穴パックなどで一時的に取ってもまた汚れが詰まるという繰り返しになることも。

なぜ毛穴に皮脂や汚れが溜まってしまうのか、そのメカニズムを詳しく解説します。

古い角質は通常、ターンオーバー(新陳代謝)により自然にはがれ落ちて新しい皮膚と入れ替わります。

皮膚は大きく3つの層で形成されていて、「表皮」「真皮」「皮下組織」からできています。そのうちターンオーバーは「表皮」で行われ、新しい皮膚細胞がどんどん作られ自然にはがれていきます。

ターンオーバーは20~30代の男性で約28日程度の周期で行われていますが、疲労、ストレス、睡眠不足、紫外線、肌の乾燥などの生活習慣の乱れが要因でターンオーバーが乱れてしまうと、いつまでも古い細胞が肌に残り、毛穴に入り込んでしまうのです。

毎日しっかりと洗顔をしてもターンオーバーが乱れている限り、古い角質とのいたちごっこが続いてしまうというわけですね。

自宅でできるいちご鼻ケア~蒸しタオルを使う

「いちご鼻」が何なのかはよくわかったけど、実際に自宅でケアするにはどうしたらいいのでしょうか。

 ガンコないちご鼻を目立たなくしたい、これ以上いちご鼻を増やしたくない方は蒸しタオルを使ったケアがおすすめです。ポイントは「毛穴をしっかり開かせる」こと。

それでは蒸しタオルを使ったケア方法を詳しくご紹介します。

蒸しタオルを使ったケア方法

1.顔が覆えるくらいの大きさのタオルを用意

2.水かぬるま湯で湿らせ、くるくると丸めます

3.500~600Wの電子レンジで20~30秒ほど加熱します。加熱が足りない場合は10秒ごとに足していきます。

 電子レンジだと加減が難しい場合は、やや熱めのお湯に浸したタオルを絞ってもOK。どちらの場合も顔にあてる前に必ず熱さを確認してください。

4.適温の蒸しタオルを顔にあてます。目安時間は2~3分ほど。

5.顔が充分温まり、皮膚が柔らかくなったら優しく洗顔をします。

6.洗顔後はすぐに保湿をします(洗顔と保湿は1セット)

 

自宅でできるいちご鼻ケア~充分な保湿

蒸しタオルケア⇒洗顔が終わったら、時間をあけずにすぐ保湿をします。過剰な皮脂を分泌させないために保湿はとても大切です。

化粧水・乳液・美容液・・・と顔に塗るのは色々な種類があります。
そもそも保湿って何?どれが何のために必要なの?という位の質問が返ってくるのが男性。

毎晩女性と同じように、化粧水⇒乳液のケアを朝晩続けるのは、忙しい男性には至難の業。

そこでお勧めなのが「オールインワンジェル」というです。直訳のとおり、「全てが一個のジェルに」という保湿アイテムです。

1本で化粧水・乳液・美容液・クリームの4役を果たします。使い方はとっても簡単。適量を清潔な手にとり、頬、おでこ、鼻、あごに置いて顔全体につけるだけ。

力を入れずに優しくなじませるようにマッサージしてあげると効果的ですよ。

自宅でできるいちご鼻ケア~生活習慣を見直す

プツプツといちごの粒のように見える角栓ケアは、洗顔と保湿だけでは不十分。外側からのケアができても、体の内側からのケアができていなければ、いつまで経ってもいちご鼻は治りません。

生活習慣を見直して、毎日フレッシュな肌細胞を作り出せる体を整えることがとっても大切です。

日頃忙しい男性の方は、いきなり生活習慣を変えることは難しいかもしれませんが、ちょっとした心がけがいちご鼻の効果的なケアにつながります。

1・規則正しい生活を送る

規則正しい生活を送ることは、いちご鼻のケアに限らず体全体のバランスを整えることにも役立ちます。充分な睡眠、過度なストレスを溜めない、バランスのよい食事を摂るなど、できる範囲で実行なさってみてください。

2・お肌を保護する

洗顔と保湿は基本中の基本ですが、乾燥させない、日焼けをしすぎない、過度なスキンケアをしないなどを心がけてみてください。

いちご鼻の正しいケア方法をフェイシャルケアのプロがお教えします!

Face of AZusaでは、フェイシャルケアのプロが市販されているケア用品の最も効果的な使い方をお教えしています。その理由は日常的なケアが一番大切だから。「丁寧に洗顔してもいちご鼻が治らない…」、「忙しくてケアをする時間が取れない…」そんなお悩みをお持ちの男性は、ぜひフェイシャルケアのプロの私たちにお任せください。