乾燥する時期になると、
唇はカサカサして痒くなったり、
ひどくなるとひび割れして痛くなったりしますよね。

最近はリップスティックを購入して常に携帯したり、
症状が酷いと病院で保湿剤を貰ったりする男性も増えてきました。

そもそも唇は皮脂の分泌があまりなく、
水分が蒸発しやすいため
保湿しにくいデリケートな部分なので荒れやすいんです。

唇が荒れ出すと唇をなめたくなったり
割れて剥がれた皮膚を無理やり剥がしたりしたくなってしまいませんか?

そういった行為によって更に唇の状態は最悪になってきます。

「唇の荒れ」を気にしている女性は意外と多く、
話していると自然に相手の唇の動きを見てしまうものなので、
「口元」というのは見られている部分です。

唇がガサガサで皮がむけている男性を見て、
不快に思う女性は結構多いんですよ。

実際に「気になる男性の唇がガサガサで・・・
あの唇でキスするのが嫌だ・・・」とか
「唇が荒れてるからリップ塗った方がいいよって言っているんだけど
全然そういうの気にしてなくてイライラする」
といった女子トークが結構あります。

今日は、そんな”荒れた唇問題”について。
 


1.なぜ唇が荒れるのか?

 

 



唇は基本的に湿っていますよね。
唇は粘膜がむき出しになっている箇所です。

 

 

 

皮膚(角層)が薄く、皮脂を分泌することもなく、毛穴もないので、
外からの刺激から守ったり、潤いをキープすることができないため
乾燥しやすいんです。

冬の乾燥して冷える季節は防御できないので、
冬場に唇が荒れるのはそのせい。

リップクリーム業界も冬が近くなってくると沢山の新商品が
出回るので、売れ行きが良くなるんですよ。

余談ですが、色々ラインナップが増えることで
女子は冬になると無駄にリップを買ってしまったりします。
ちょっとしたプレゼントでリップを貰うと嬉しかったりも♡

そして、冬は年末に向けて仕事も忙しくなり、
忘年会などお酒を飲む・脂っこい料理を食べる機会も増えますよね。

ウィルスも蔓延するので、胃腸の調子が悪かったり、
身体が冷えてくると
唇のが青紫っぽくなり血色が悪くなってきますし、
潤いがなくなる、といった症状が出やすくなります。

温かい食べ物・飲み物を取り入れるようにしたり
腹巻をしたりしてお腹周りは冷やさないようする工夫や、
暴飲暴食・栄養バランスが偏らない食事を意識して
胃腸が弱らないようにケアすることも大切です。
 


2.荒れた唇はどうケアしたらいいの!?

 

 


唇を触ってみてちょっとザラっとする

乾燥してきたなぁ~と思うくらいなら、
リップを塗って保湿する位のケアで大丈夫です。

(※リップの選び方は後程ご紹介しますね)

乾燥を酷く感じるときは、
この後紹介する”角質ケア”をして”保湿”をしっかりして対策しましょう。


~家でできる角質ケアと保湿のやり方~

1.唇を温める
    
(タオルや濡らして温めたコットンを唇に当てる)
(それが面倒であれば白湯をゆっくり飲みましょう!)
 

2.砂糖と少量のオリーブオイルを混ぜたスクラブか
 蜂蜜と少量の砂糖(蜂蜜多めが良い)を混ぜたスクラブで

 クルクルマッサージをする


はちみつは、殺菌作用や抗酸化作用も高いものなので今回は
蜂蜜+砂糖でマッサージしました♪
 

3.ぬるま湯でゆっくり洗い流す
 (食べられるスクラブなので、食べても問題なし)

→甘くて美味しいから食べちゃうのもありWWW
 

4.ワセリンを塗って保湿


 (乾燥が酷い場合はサランラップでパックすると◎)

この4ステップでokです。

家にあるもので簡単にケアできます。
 


3.唇が乾燥するNG行為



唇を舐める

 

 

乾燥しているとついついやってしまうのが舐める行為。
舐めると唾液で唇が潤ったように感じるのですが、
唾液が乾くと余計に乾燥するんです!
一回舐めると無意識に何度も舐めてしまうもの。
長く続けると炎症を起こして、赤くなったり、腫れが出たり、
かゆみが出ます。

唇を舐めている人って、ダイレクトに言うと
「気持ち悪い」という印象も持たれやすくなるので、
唇を舐めた!と感じたらすぐリップクリームを塗って保湿・保護しましょう。
 

唇をこすらない

食事中、口元が汚れたりした時に、
おしぼりやティッシュやでゴシゴシ拭くのも、摩擦炎症してしまう原因になります。
化粧をしない男性は無意識にしてしまいがちなので唇が乾燥している時は特に注意しましょう。

歯磨き粉をしっかり洗い流さない

歯磨き後にきちんと泡を洗い流せないで残っている男性がたまにいます。
歯磨き粉の成分で唇が乾燥してしまう場合があります。
朝の準備などで時間に追われている時は、歯磨き粉が口角などに残っていないか
チェックするようにしましょう。
 

唇の皮をめくる

乾燥して割れてしまって皮膚がめくれている男性が
唇の皮をめくっている光景をよく目にします。
そして、皮を深く取りすぎて出血して唇を舐めている男性もよく目にします。

唇が荒れていることが気になってしまうのは分かります。
めくれかけた皮を取りたいのも分かります。
でも止めましょう!
長く皮膚が向けてしまって、ささくれのようになっている部分は
小さいハサミなどで切ってめくったりすることは避けましょう。

無理やりに何かをする行為は、余計に乾燥を呼び
状態を悪化させます。

 


4.男性にもお勧めの薬局で買えるリップ


リップを買ってみようかなと思うけど
沢山種類があって何を選べばいいのか分からない
という男性も多いはず。

色々なリップを試してみると
高いけど自分にはコレが合っているとか
コスパが良い・どこでも買えるからコレが良いなど
自分の好みやお気に入りが出てくると思います。

1.付けた感触
2.リップのサイズ
3.香り
4.持続性
5.値段
で勝手にオススメを選んでみました。

香りについては好みが分かれる部分なので
食事の味にも影響が出ない無香料がおススメです。
 

A.ロート製薬
 メンソレータム メルティクリームリップ(無香料)

やわらかくなめらかな塗り心地。
​上下ひと塗りすれば程よい潤い感が出ます。
細めのスティックタイプなので、ポケットにも忍ばせやすいです。
難点を上げるとすれば溶けやすい点かな・・・

ちなみに私はこれをポーチに入れて使っています♬
 

B.花王
 ニベア ディープモイスチャーリップ 無香料
 

潤いが長く続くと男性女性共に人気のリップ
上下一塗りで程よい保湿
2.3回往復して付けるとかなりしっとりと言う感じです。
べとつきに慣れていないリップ初心者の方にオススメです。

 

3.ヴァセリン
 ペトロリュームジェリー リップ

リップスティックタイプではなくミニチューブタイプ。
小さい穴からジェリー状で出てくるものです。
直接唇に塗って伸ばしても問題ありません。
外見が頑丈で蓋が取れる心配がないので、
鞄の中にポンッと入れておきたい人にはお勧めです。

4.SAVEX
 チューブリップクリーム

最近見なくなってしまったのですが、
アメリカ(ハワイ・グアム)土産として
貰う事が多い(女子だけですかね?)SAVEX。
これもチューブタイプがあります。
ワセリンが苦手という男性も稀にいらっしゃるので
そういうかたはSAVEXがおススメかも。
 

ちなみに・・・
リップは 「縦方向」 に塗るとシワの奥まで保湿成分を浸透させることができます。
余裕があるときは「縦」を意識して塗ってみるとより効果的な保湿ができますよ♪


5.サロンに来たからこそのケア

 

 


サロンでは冬の期間中、唇の角質ケア+保湿ケアを実施しています。

自分ではリップくらいしか気に掛けられないけど、
一度状態を良くしておきたい!という男性にオススメです。

唇は皮膚の生まれ変わりが5~7日とものすごく早く、
唇の荒れが進むと皮がむけやすくなります。
口角の部分や唇周りの部分は垢も溜まりやすい部分。
たまに白いカスみたいなものが唇・唇周りに出来たりしませんか?

サロンでは、
唇を温めてから不要な汚れをしっかり取り除き、
綺麗になった唇の上に美容成分がたっぷり入った
プルプルのゴールデンパックを乗せて唇の奥に水分を入れ込みます。
唇専用のパックなんてなかなかしないですよね。
仕上げにリップで保湿して終了!

なかなか自分でスクラブを買ったり作ったり
しない方も多いと思いますが、
たまに行くサロンでケアくれるならいいか~的な感じで
是非お試しください!

今なら、新春特別企画として、
リップケアメニューをご予約いただきましたお客様
先着でSAVEX  チューブリップクリーム
プレゼント

※先着順となります(増量の可能性もあり!)