サロンに来る男性に
「肌に関して何か改善したいところはありますか?」と
聞くと、「テカリ」「脂」が気になるという返答を
多くもらいます。

男性は夏場冬場問わず
テカリ顔に悩まされがち。

Q:どうしてテカってしまのか?
Q:そのテカリはどうしたら抑えられるか?

今日は、その2点の疑問についてご説明します。
 


Q:どうしてテカってしまうのか?

おでこや鼻などの顔のテカリは目立つし、気になりますよね。

肌の皮脂は、肌を守る役目があります。
しかし、過剰に分泌される事があり、それがテカリです。

皮脂の過剰分泌を押さえる肌にしていくことがテカリ顔にならない
ポイントになります。

これからテカる原因を上げますので、
自分に当てはまるものがありませんか?

 

1:洗顔のしすぎと保湿不足

テカリを取ろうと、洗浄力の強い洗顔料で1日に何度も洗顔したり、
洗顔の際に強くこすったり、長時間泡を乗せることで泡がテカリを吸うだろうと
考える男性が多いです。

それは全部NG!!

保護する必要な油分までも洗われ、
肌は潤いをキープするため、過剰な皮脂を分泌させていきます。
最近は乾燥に悩む男性も多くなってきました。

洗顔は、朝と夜の1日2回までにしましょう。
乾燥が気になる方は、夜にしっかり洗顔して
朝は表面に付いた汚れだけを水だけで
洗うだけでOKです。
やりすぎはテカリの元になります!

洗顔後には肌に化粧水をして、乳液・クリームで
しっかり保湿・保護してあげることが大切です。

乳液やクリームを塗ると『べたつく』『気持ち悪い』と感じる男性がいますが、
しっかりと保湿しないと、肌は保護しなければ!!と皮脂を過剰分泌していきます。
そうすると、皮脂が多いけど水分量は少ない
『脂性乾燥肌』『インナードライ肌』
になります。

洗顔・保湿を丁寧にすることを見直すだけでも肌状態は劇的に変わりますよ。
 

2:もともとテカりやすい肌質

本来の肌質もテカり顔には関係します。
男性ホルモンの分泌が多い男性の方が、
女性よりもテカリやすいのですが、
男性はしっかりスキンケアしていても肌がテカやすい方も
多くいます。

しかし最近では、昔と環境も変化して、
元々の肌質でテカりやすい男性は少なくなってきましたが

生まれつきの方は、刺激にならないようにテカリを押さえる方法で
(あぶら取り紙やティッシュ・シートなどの化粧品を使用するなど)
対策していきましょう。
 

3:ストレスや生活習慣の乱れ

ラーメンやファーストフード好きですか?
仕事が忙しく帰宅時間も遅め。
夜更かし、していませんか?

『ストレス』や『生活習慣の乱れ』は
身体に支障が出てくるのは勿論ですが、
肌状況にも直結します。

ストレスはホルモンバランスを乱します。
それが皮脂の分泌量を乱していきます。

嗜好品(お酒・たばこ)は肝機能を低下させます。
食生活も動物性脂肪や糖類を多く摂取すると、
皮脂が分泌されやすくなります。
手軽に行けて何でも揃うコンビニフードですが、
糖質ばかりに偏った買い方はやめましょう。

そして、最近ではパソコン・テレビ・スマートフォンから放たれる
ブルーライトという光も肌に悪影響を与えると言われています。

寝る前にTVやYouTube・ゲームなどしたくなると思いますが、
十分な睡眠がとれていないと肌が休まらず、
皮脂の分泌をしっかりコントロールできなくなります。
それが皮脂の過剰分泌に繋がります

女性がメイクのノリが悪い・肌の調子が悪くて・・・と言うように
男性も同じ状況が知らない間に起きているんですよ!

4:よく顔を触る

無意識な方も多いですが、
頬杖をついたり、
髭が気になったりして、
癖で顔を触ったりしてしまいませんか?

メイクをしない男性にとっては顔は無意識に触れる場所。

手は雑菌だらけです。
鼻のザラ付きが気になったり、
ちょっとおでこや頬に出来ものが・・・と
触るのも汚い手では避けるようにした方がいいです。

また、枕カバーをしない・タオルを変えないなど
顔に触れるものを清潔に保っていない方も多いです。

寝ている間にも汚れは出ています。
顔だけでなく髪の毛(頭皮)からも汚れが出ています。

綺麗でふかふかなタオルの方が洗顔後肌を傷めずに
拭き取ることもできます。

清潔を意識しましょう!!
 


Q:テカリはどうしたら抑えられるのでしょうか?


答えから言うと、
肌に水分と油分両方をしっかり留める事
です。
 

化粧水+乳液(クリーム)の両方使い
または、
化粧水と乳液・両方の効果を出すオールインワン商品
水分と油分両方をしっかり取り入れる
事です。

サロンでスキンケアに関して質問をすると、
洗顔の後に、
化粧水だけ塗る・乳液だけ塗るといった
スキンケア用品を単品使いしている男性が多いです。

それではダメ!!

化粧水だけを使っている方は、
肌の水分を化粧水でしっかり補給していると思いがちですが、
水分を補給するだけでは水分は肌に留まることができません。

乳液やクリームだけを使っている方は、
乾燥も気になるし、髭剃りなどをすると肌が痛むからと
ガードのために油分があるものを選択しています。
 

水分は蒸発してしまいますよね?
身体が乾燥すると喉が渇き、飲み物が欲しくなると思います。

洗顔後の肌は汚れが取れ、水分を欲している状態。
洗顔後には水分を補わなくてはいけません。

化粧水の役目は、肌の一番上の表皮、
(一番肌表面に近い角質層に水分を補給すること
です。

配合されている保湿成分によって、ある程度水分量は維持されますが、
やはり水分なので蒸発してしまいます。

その取り込んだ水分が逃げないように
油分のあるもので蓋をするために使うのが乳液
です。

そして、化粧水が角質層までしか浸透しないのに対し、
油溶性の成分はより奥まで浸透しやすいという性質があります。

つまり乳液には美容成分を奥まで沁み込ませていく良く仕事もあります。


そして、「収れん化粧水」というものを知っていますか??

肌のテカリを抑えるために、
『収れん化粧水』を使うのもおすすめです。

サロンでも脂対策のパックを選んだ男性
鼻の角栓ケアを行ったお客様には
毛穴を引き締める作用のある化粧水を使い仕上げています。

収れん化粧水は、『引きしめ化粧水』と記載されていることもあります。
ドラックストアーでも簡単に手に入りますよ♪

使い方は簡単で、普通の化粧水と一緒に使えばOKです。

普段通り化粧水や乳液でケアした後に、最後追加仕上げとして
少量を、顔のテカリが気になるおでこや鼻周りにだけ使ってあげると
毛穴を引きしめてくれます。
(この時にコットンを使うと良いです!
無い場合は、ティッシュを半分に割き、
畳んで使用すると良いでしょう。)

引き締まるという事は、付けた化粧水などの水分を肌の内側に
閉じ込めてくれるという事です。
 

↓薬局で簡単に買える「収れん化粧水」

 収れん化粧水がおすすめできない人もいます。
・エタノール(アルコール)に敏感な肌
・乾燥肌が酷い
※テスターなどで使用してみて刺激があると感じたら
 使用には向いていないので避けましょう

 

テカり顔は不衛生のマイナスイメージを引き込みます。

肌の改善は、普段の生活とスキンケア!

スキンケアは難しいものだと思いがちですが、
丁寧にゆっくりやることがポイントです。


一度サロンで徹底的にケアをしてリセットするのも一つの方法!
その時に、肌質診断をして今の肌質を調べて
その対策をお伝えします。


 
Face of AZusaは男性スキンケアZIGENの取り扱い店です。
簡単・実力派・コスパ良し!! メンズスキンケア ZIGEN(ジゲン)