●もともと眉毛の毛量が少なく、地肌が見えてしまっている
 

●怪我や毛質などで一部分に空きが出てしまっている
 

●自己処理のし過ぎで眉毛が生えない箇所がある
 

なんて眉毛に悩みを持っている男性もいらっしゃると思います。

 

眉毛がない場所をどうにかしたい!というご相談は
 

サロンでも多くお問い合わせをいただきます。

 

そんな方には、簡単に出来る眉メイクでの描き足しを
 

サロンでレクチャーしています。

男が眉を描く!?

って思ってしまう男性も多いかもしれませんが、

今の時代、男性がファンデーションをしたり、

まつ毛パーマやエクステをして目力をアップさせたりしているのも

普通になってきています。

美容室も男女兼用です。

白髪染めをする男性も多くいらっしゃいます。

その延長だと思ったら抵抗感は少なくなるのでは無いでしょうか?

ブライダルコースでは、結婚式(前撮り)に向けて

眉毛がどうもおかしい(自己処理をし過ぎてしまった)

という事でご来店する方が多いのです。

皆さん眉メイクをするとその自然さに驚き、

やってみます!と素直に受け入れる方がほとんどです。
 

では、こちらを見てくださいsurprise

OPBF東洋太平洋ミニマム級王者の小浦翼選手です。
 


 

彼はもともと眉尻が薄く、そのせいで下がり眉に見えてしまいます。

眉山の薄い部分だけメイクで眉山を描き足してみました。

メイクだと分かりますか?

すごく自然ですよね!?
 

AFTERの方が強く・たくましく見えます。
 

眉が一定の太さになっていると、

彼のトレードマークである

可愛らしい笑顔もより引き立っています。

試合になると彼の眼は戦闘力が高い戦いの眼に変わりますが、

キリっとした眉と目がペアになったら、

より彼の強さが出てくると思います!
 

眉毛は感情を表現しているパーツ。

ニコニコしているときは丸く、

悲しいときは下がり

怒っているときは上がる・・・

アンパンマンを想像してもらうと分かりやすいですね。
 

ということは、

眉の太さ、濃さは、相手に精神的印象を与えているということになります。
 

太い  たくましい・意思が強い
細い  弱々しい ・意思が弱い

 

濃い   情が厚そう・決断力がありそう
薄い  情が薄そう・不満が多そう


※これはあくまで極端に比べた場合の印象例の表現です。

 目の角度や顔の大きさ、長さに合わせてカスタマイズが必要となります。

コンプレックスはそれを解消するアイテムがあれば解消したほうが得!!

男が眉毛を描く!?という先入観は消して

印象の良い、人を呼び込む・運を呼び込む

綺麗な男らしい顔立ちをゲットしましょう!

Face of AZusaの店内では

「男性が描きやすく」

「男性が使いやすく」

「他の人からメイク用品だと分からないパッケージ」

「男性の眉色に合わせたカラー」

「長時間消えにくい」

を叶えた眉メイクアイテムを販売しています。

このメイクアイテム、なかなか世間では

見たことがないアイテムだと思います!

気になる方は是非サロンでご確認ください。