4月に入り、フレッシュな社会人が街中に多くなりました。
 
そして、2019年入社の就職活動も始まりましたね!
 
ニュースでも年々就職活動の活動開始時期が早まっていると報道されていますが、大学4年生になった方は
 
企業説明会など慌ただしく毎日を過ごしているのではないでしょうか?
 
40代のお客様と就活の話をすると、「昔は、春・夏はまだワイワイ遊んでいたな~こんなに早くから就活なんて考えられなかった」とおっしゃいます。
 
大学3年生の後半からインターンや企業説明会などの就職活動準備が始まり、4.5月にはエントリーが開始、
 
梅雨には内定決定というタイトスケジュール!今時期は一番バタバタになってくる時期ですね。
 
 
さて、そんな就活生のみなさん!履歴書準備などの雑務に追われて、忘れていることありませんか?
 
それは「見た目チェック」!

見た目をよくするために時間を作る」です。

 
やることに追われてしまうと、なかなか外見に時間をかける事まで意識が回っていない人も多いはず。
 
新卒の面接では、大人数を選考するため、1回あたりの面接時間が中途採用より短く、質問内容が限られ、やる気や特性を伝える時間も限られます。
 
しかし短い面接では「第一印象」というのが評価に大きく影響します。

選考者も書類でスキルはほぼ確認済みなので、あとは「人を見る」という時間を面接にしているからです。
 
最近は学歴採用より人物採用とも言われています。
 
では面接官への印象の勝負時間とはどのくらいでしょうか?
 

答えは・・・
 
「印象初めの10秒」
 

10秒で採用かどうかが ほぼ決まる!と言います。
 
一緒に働きたいと思われるかどうかは10秒勝負。
 
10秒って会話はしていないですよね?ということは、好印象を与えられれば、よい結果を勝ち取れる確率が上がるということです。
 
では10秒で何をチェックしているのか?
 
 印象を判断する5項目 
 

  1. 衣装を綺麗に着ているか?(清潔感のある身だしなみ)髪の毛から足の先まで
  2. 姿勢が良いか?(胸を張っているか?)猫背NG!
  3. 表情が暗くないか?(明るい顔で!)でも愛想笑いは見破られますよ!
  4. 目線が下がっていないか?キョロキョロしていないか? 
  5. ハキハキしているか?(応答・話し方)

 
全部見た目で判断になる事柄ですね。
 
ということは見た目の印象を整えて面接に挑むというのは必須項目だということです、
 
では、見た目ってどうしたら良くなるのでしょう?
 
自信は顔にでる! 凛々しい顔に変えることをすればいいんです!
 
目力という言葉がありますが、目元で自信を出す・自分をアピールすることが可能です。
 
目元とは・・・目とのことです。
 
ということは・・・眉毛を整えたら目力がでて印象を変える事が可能!

目は眉毛がないと引き立たないし、眉も目があるからこそ存在感を出すことができます。

目元は目と眉のペアなんです。

 
眉毛がボーボーなのはダメだろうなというのは自然と思うはずですが、それをプロに任せてしっかり整えてみましょう


 
自己処理が上段(Before) / プロによる手直しが下段(After)
 

下段の方がやさしく、でもしっかり見えませんか?
 
間違ってお手入れ(眉カットとシェービング)してしまっていて、眉毛が短くなっている箇所が多々あったため、

1か月ほど自己処理をやめて育毛をし、再度メンテナンスする必要がありますが、

自己処理していた箇所は処理する必要がなかった場所で、処理したことがなかった場所が実際にお手入れするとカッコ良くなる部分という結果。

それには今まで間違った処理をし続けていたんだ・・・と驚いていました。

 
自分の感覚で処理している眉(顔)としっかり理論をもって施術したプロの眉(顔)の印象。
 
どちらが好印象になれるかはこれでわかりますね。

 
プロに仕上げてもらった顔は感動できること間違いなし。
 
その感動が自信を与えられると思ています。

新しい自分に気づくことができると、自然と自信をもって自分を出しに行けるはずです!

就活生の皆さんに勝利あれ